全国の支部・アクセス|弁護士法人ALG&Associates記事一覧

東京オフィス ALG代表 弁護士 金ア浩之からのメッセージ弁護士法人ALGでは、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療過誤を専門的に取り扱う医療事業部を創設し、多くの実績を積み上げてきました。はじめまして!弁護士法人ALGで、代表及び医療事業部長をつとめております。弁護士・医学博士の金ア浩之です。これまでの日本の弁護士業界は、取扱分野の専門性を強化するのではなく、あらゆる法律問題に対応できる...

横浜支部長 弁護士 沖田翼からのメッセージ私の弁護士としてのキャリアは医療機器メーカーから始まりました。メーカーで学んだのは、医療機器は種々の専門的な知見が複合して活用された上で、厳格な規制のもと世に送り出されているということです。それは人の命の尊さからすれば当然のことといえるでしょう。そうであるならば、当該医療機器を駆使して患者を救う医師もまた、絶え間ない研鑽を積み専門性を磨くことが求められてい...

埼玉支部長 弁護士 辻正裕からのメッセージ医療過誤訴訟は専門性が高く、医療訴訟で医療機関と互角に渡り合える弁護士はごく一部の少数にとどまる状況です。医療過誤訴訟は、医師を含む医療従事者の医療行為のミスや医療事故によって患者様が死亡してしまった場合や、後遺症を残してしまった場合等に、医療従事者や医療機関を相手取って起こす裁判です。医療訴訟は、医療に関する専門性が高く、医療ミスや事故が生じたことを患者...

千葉支部長 弁護士 金崎美代子からのメッセージ大学院医学研究科に進学して研鑽に励む等の努力を惜しまず、専門的に医療過誤事件に取り組んでおります。弁護士法人ALG&Associates千葉支部では、医療事故・医療過誤事件を専門に扱ってきた弁護士が在籍し、専門性の高い弁護活動を提供しています。医療過誤事件は、弁護士の取り扱う分野のなかでも特に専門性の高い分野であり、また事件の処理に多くの時間を費やすこ...

宇都宮支部長 弁護士 山本祐輔からのメッセージ医療過誤の適切な処理には、弁護士の方にも専門的な知識・経験とチーム力が求められます。皆様、こんにちは。当事務所、弁護士法人ALG&Associatesは、東京オフィスの他、全国に支部を有し、個人向けも法人向けも、多くの分野の案件を手掛けています。医療過誤は、法律の他に医療知識も要する専門性、難易度の高い紛争類型とみられ、その適切な処理には、弁護士の方に...

大阪支部長 弁護士 長田弘樹からのメッセージ弁護士法人ALG は医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部を有しており、極めて多数の事件の経験があります。弁護士法人ALG&Associatesでは、医療過誤・医療事故分野を取り扱っており、大阪支部には医療事故専属のスタッフが、東京オフィスには医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部を有しています。病院のミスによって重大な後遺障害が生じ...

名古屋支部長 弁護士 井本敬善からのメッセージ弁護士法人ALGは、創業以来、医療過誤・医療事故分野に注力しています。各地の支部と連携して、医療事件を解決しています。医療紛争は、従来的・伝統的弁護士事務所からすると最も敷居の高い分野の一つであり、専門的な弁護士の養成が遅れていた分野の一つです。弁護士法人ALG&Associatesは、創業以来、医療過誤・医療事故分野に注力しています。東京には、医療過...

神戸支部長 弁護士 小林優介からのメッセージ医者からの手術または治療を受けた結果、かえって病状が悪化した(時には死亡に至った)場合、担当医の医療過誤を疑うと思います。もっとも,医療過誤の責任追及については,医療行為自体が専門性が高く,担当医ひいては病院の責任を立証することは容易ではありません。このような医療過誤の事件の特殊性から,医療過誤の事件についてそもそも関与していない弁護士が多いのが実情です...

姫路支部長 弁護士 西谷剛からのメッセージ弁護士法人ALGはこれまで多くの医師・病院にご協力・ご指導いただいており、医療事件を解決するためのネットワークがあります。弁護士法人ALG&Associatesは医療過誤(医療事故、医療ミス)事件を取り扱っています。医療過誤事件を解決できる弁護士は、全国を見てもごく少数です。弁護士法人ALGは、東京に医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部を持ち、...

福岡支部長 弁護士 今西眞からのメッセージ福岡支部は福岡だけではなく、熊本、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島、沖縄等、九州全域の医療過誤のご相談に対応しております。弁護士法人ALG 福岡支部の所属弁護士全員に、「徹底的なリサーチと自由闊達な議論を行う」という執務姿勢が備わっています。現代医学は、高度に専門化・細分化されています。現役の医師でも、自分の専門分野以外では、最新の医学知識にキャッチアップで...

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る