医療弁護士のご紹介

こちらでご紹介させて頂いている弁護士は、医療過誤・医療事故・医療ミスの医療事件を専門に取り扱っている医療過誤事件弁護のスペシャリストです。
医療事件に強い弁護士をお探しの方は、是非私達医療専門弁護士にご相談下さい。

 

代表兼医療事業部・部長(医学博士)

 

 

医療事業部所属(千葉法律事務所 所長・医学博士)

 

 

医療事業部所属(プロフェッショナルパートナー)

 

 

医療事業部所属(アソシエイト)

 

医療弁護士のご紹介|弁護士法人ALG&Associates医療事業部記事一覧

医療過誤でお悩みの皆さまへ医療過誤事件は多くの弁護士が苦手とし、経験がある弁護士でさえ年間で数件程度というのが日本の法曹界の実態です。弁護士経験30年でも医療過誤事件の経験は20件未満という弁護士も少なくありません。そこで、私たちは、医療分野に特化した部署を創設し、所属弁護士が医療問題に専念できる環境を整えました。我が医療事業部では、入所初年度から解剖生理学などの医学的知見を獲得する研修を実施する...

金ア美代子より医療過誤の被害に遭われた皆様へ大学院医学研究科に進学して研鑽に励む等の努力を惜しまず、専門的に医療過誤事件に取り組んでおります。弁護士法人ALG&Associates千葉支部では、医療過誤・医療事故等を専門に扱ってきた弁護士が在籍し、専門性の高い弁護活動を提供しています。医療過誤事件は、弁護士の取り扱う分野のなかでも特に専門性の高い分野であり、また事件の処理に多くの時間を費やすことが...

佐久間明彦より医療過誤の被害に遭われた皆様へ私が医療事件に本格的に取り組み始めたのは、平成21年、今から6年前になります。初めて医療訴訟を提起する前には、専門書を何冊も読み込んだ上で臨みました。専門書といっても、医学書ではなく、医療訴訟の訴状の書き方や審理の進め方に関するものです。それは、一般的な民事訴訟とは異なる医療訴訟特有の訴状の論理構成や尋問・鑑定等の手法があったからです。しかし、いざ始めて...

井内健雄より医療過誤の被害に遭われた皆様へ取り扱った医療過誤案件は100を超えています。経験を積み、ご依頼者様のお力になりたいと日々取り組んでいます。私は、当法人に入所以来、医療関連の法務を専門に取り組んでいます。医療過誤でご相談に来られる方は、私たちにとって一番大切な「健康」を傷つけられてしまったことに特徴があります。また、医療の特殊性として、医療ミスなのかどうかもよくわからない、他の事務所で断...

岡本祐司より医療過誤の被害に遭われた皆様へ法律をよく知らなければ、そもそも弁護士に価しない。社会をよく知らなければ、紛争の落着点を見据えることはできず、落着のための手段や方法に想い到ることもできない。人をよく知らなければ、情が解らず、理に偏する。弁護士岡本祐司は、法律をよく知り、社会をよく知り、人をよく知る、そんな弁護士でありたいと考え、日々研鑽を積んでいます。目下、特に精力を注いでいるのは医療事...

高橋旦長より医療過誤の被害に遭われた皆様へ弁護士も医者と似たところがあり、早期発見、早期治療を行うことが肝要です。私の経験上も早く相談して頂ければより良い結果が得られたと考えられるケースは多いです。ご本人にとっては法的な問題として扱うべきかどうか分からない問題でも、早めに専門家と相談して法的に処理するかどうか決めて頂くことが重要です。私個人は、弁護士として相続、不動産、医療事故を中心として多数の個...

上田圭介より医療過誤の被害に遭われた皆様へ初めまして。医療事業部に所属している上田圭介と申します。法学・法律は難解であり、医学・医療もまた難解です。そのため、医療問題に直面した方は、2種類の高い壁でできた迷路の中にいるような気持ちであると思います。そのような迷路を、上から見下ろして目的地に案内することができる弁護士であらねばと思いながら、日夜研鑽を積んでいます。氏 名上田 圭介 (うえだ けいすけ...

真鍋敬治より医療過誤の被害に遭われた皆様へ医療事業部の真鍋敬治と申します。よろしくお願いいたします。前職では、理工系の学部を卒業し大手企業で技術者をしていました。その知識と経験を、理系出身者が少ない世界で活かせたらと考えて弁護士に転身しました。何事にも王道はなく、事実を丁寧に積み上げていくことこそが物事の解決に繋がると考えています。特に、医療過誤訴訟においては、高度の専門的知識を背景に、まさに緻密...

宮本龍一より医療過誤の被害に遭われた皆様へ医療事件の特徴としては・患者側と医療機関側では圧倒的な専門的知識の差がある(高度な専門性)。・患者側が保有している情報と医療機関側が保有している情報に差がある(情報の偏頗性)。・極めて重大な被害が生じているケースが多い(被害の重大性)・相談できる人がいない(医療事件の専門家の不足)。というものが挙げられます。医師の診断内容や治療行為に関して,適切な理解がで...

渡邊悦子より医療過誤の被害に遭われた皆様へ医療事業部の渡邊悦子と申します。前職では公務員として公正中立な立場で働いていましたが、もっと一人一人の思いに寄り添っていきたいと考え、弁護士を目指しました。医療も法律も専門性が高く、一般の方にはわかりにくいものだと思います。まして、両者が関係する医療訴訟であれば、なおさらのことです。そのような訴訟に関わらざるを得ないことになった依頼者様の思いに寄り添って、...

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る