医療専門弁護士のご紹介/井内 健雄

井内健雄より医療過誤の被害に遭われた皆様へ

取り扱った医療過誤案件は100を超えています。経験を積み、ご依頼者様のお力になりたいと日々取り組んでいます。

私は、当法人に入所以来、医療関連の法務を専門に取り組んでいます。
医療過誤でご相談に来られる方は、私たちにとって一番大切な「健康」を傷つけられてしまったことに特徴があります。また、医療の特殊性として、医療ミスなのかどうかもよくわからない、他の事務所で断られた等様々な方が依頼者となっています。私は、このような方々のお力になりたいと日々取り組んでいます。

 

取り扱った事件数(医療案件)は100を超えています。また、現在進行中の案件も数十件あります。このように、経験を積むことによって、お客様に一番妥当な解決策を模索できると考えます。

 

氏 名 井内 健雄 (いのうち たけお)
資 格 弁護士
所属事務所所在地

弁護士法人 ALG&associates 東京本部 医療事業部
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28階

対象地域 全国対応
学 歴 京都大学法科大学院(法務博士)、大阪大学法学部
所属弁護士会等 東京弁護士会、医療過誤法部
主な経験事例

・肺癌、胃癌、大腸癌、胆嚢癌、肛門管癌等の誤診
・敗血症(院内感染)の誤診
・脳梗塞患者に対するワーファリンの不適切投与
・脳動脈瘤クリッピング手術
・アナフィラキシー・ショックの診断・治療ミス
・ステント留置術の術後管理ミスと脳梗塞の発症
・鼠径ヘルニア腹腔鏡手術時の腸管穿孔
・ERCP術後の汎発性腹膜炎に対する治療の遅れ
・閉塞性動脈硬化症に対する術前カテーテル検査の手技ミス
・誤嚥性肺炎の誤診・治療ミス
・気管挿管の手技ミスと遷延性意識障害(植物状態)
・ワーファリン投与とPTINRの管理ミス
・脊柱管狭窄症の手技ミス・術後管理ミス
・人工股間接の術後管理ミスと汎発性腹膜炎
・骨髄炎の誤診
・常位胎盤早期剥離、弛緩出血、ヘルプ症候群、産科DIC
・網膜剥離の手技ミス
・ほか多数

 

 

 


トップへ戻る