医療専門弁護士のご紹介/上田 圭介

上田圭介より医療過誤の被害に遭われた皆様へ

初めまして。医療事業部に所属している上田圭介と申します。
法学・法律は難解であり、医学・医療もまた難解です。そのため、医療問題に直面した方は、2種類の高い壁でできた迷路の中にいるような気持ちであると思います。
そのような迷路を、上から見下ろして目的地に案内することができる弁護士であらねばと思いながら、日夜研鑽を積んでいます。

 

氏 名 上田 圭介 (うえだ けいすけ)
資 格 弁護士
所属事務所所在地

弁護士法人 ALG&associates 東京本部 医療事業部
東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28階

対象地域 全国対応
学 歴 上智大学法科大学院(法務博士)、中央大学法学部
所属弁護士会等 東京弁護士会、医療過誤法部
主な経験事例

・肺癌、胃癌、大腸癌等の誤診
・敗血症(院内感染)の誤診
・粟粒結核の誤診・治療の遅れ
・アナフィラキシー・ショックの診断・治療ミス
・クモ膜下出血の誤診
・絞扼性イレウスの誤診・治療の遅れ
・人間ドックにおける脂肪肉腫の見落し
・誤嚥性肺炎の誤診・治療ミス
・痰による気道閉塞と低酸素脳症
・インフルエンザに対する誤診・治療の遅れ
・骨髄炎の誤診
・常位胎盤早期剥離、弛緩出血、ヘルプ症候群、産科DIC
・網膜剥離の手技ミス
・ほか多数

 

 

 


トップへ戻る