医療過誤の責任を負うべき医師や病院には徹底的に責任を追求致します。

まず、弁護士法人 ALG&Associates医療事業部の対応方針として、医療事件を訴訟にのせる上で大切なことをご説明させて頂きます。
私たちはこれまでに、医師や医療機関に対してたくさんの訴訟を起こしてきましたが、それは特に医師が憎いわけではなく、むしろ尊敬しているくらいです。一生弁護士のお世話にならない人は世の中にたくさんいると思いますが、病院のお世話にならない人はおりません。どんなに健康な人でもいつかはお世話になります。また、医師のお陰で一命をとりとめた人もたくさんおられます。まさに命の恩人です。

 

医療過誤の疑いを持った時に大切なことは、”医師を敵視する”ことではなく、”責任を負うべき医師にはきちんと責任をとってもらう”ということです。そして、過失のあった医師や病院には再発防止に努めて欲しい。たぶん、多くの患者さんや遺族の願いはそうだと思います。そして、特に患者側の代理人となって、医師や病院側を訴える私たち弁護士にとって大切なことは”訴えてはいけない案件は訴えない”ということです。

 

特にモンスター・ペイシェントの依頼を訴訟にのせてはいけない。過失責任がある医師には当然責任を取らせるべきですが、医療過誤ではない医師に対してむやみに訴えることは、医療崩壊にもつながります。医療崩壊が起これば最終的に大きな損害を被るのは我々国民です。
このさじ加減を適格に見極めるためにも、弁護士も一定の医学的知見に到達する必要があるというのが、私たちの基本的な考え方です。だからこそ、私たちは医療事件の専門部署を設けて多くの医療弁護士を育て、それに全力であたれる環境を作っている訳です。

 

また、遺族などの被害者感情を煽り訴訟にのせてはいけない案件を、自分たちの利益追求のために、やみくもに裁判を起こしてしまう心無い弁護士もいることでしょう。こういったことからも医療事件の被害者のみなさんに、相談する弁護士を見る目も養って欲しいのです。

 

親や身近な大切な人が命にかかわる病気にかかった時、一生懸命その病気に関して調べたり病院を探した経験はないでしょうか。それと同じく医療事故の被害にあわれた時も、被害者の方々も医療事件に関する弁護士の情報を調べて頂き、また、できるだけ医療武装もして頂き、事件処理をお願いする弁護士を探して欲しいのです。
そうすることがより大きな被害(負け筋の裁判に多額の費用や時間をさくことにより被害が更に大きくなる)から、被害者の方々自身を守ることにもつながるからです。
そのためにも私たちは、本サイトを通じて医療過誤に関する様々な情報を発信しております。是非ご参考下さい。

トップへ戻る