当医療事業部に所属している弁護士が実際に解決した医療過誤案件の解決事例です

豊胸手術後の再置換術で切開創の瘢痕が後遺した件について、交渉により損害賠償金500万円を獲得できた事例

豊胸手術後の再置換術で切開創の瘢痕が後遺した件について、交渉により損害賠償金500万円を獲得できた事例

事案の概要

 

相談者は、豊胸手術(バッグ置換術)を受けた後、漿(しょう)液(えき)漏れの状態が持続し、本来であれば必要のなかった再置換術を行ったことにより、切開創の瘢痕が後遺してしまいました。そこで、ひどくショックを受けた相談者は、肉体的にも精神的にも苦痛を被ったとして、弊所にご相談くださいました。

 

弁護士の方針・対応

 

まず、相手方の美容外科医院に対し、診療に関する情報の任意開示を求めました。そして、調査を進めた後、診療契約の債務不履行に基づく損害賠償請求を行うため、訴外での交渉に臨むことにしました。

 

結果

 

診療内容について丹念に調査し、交渉に臨んだ結果、初回相談から1年以内で、訴訟に移行することなく和解が成立し、損害賠償金500万円の獲得に成功しました。

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る