当医療事業部に所属している弁護士が実際に解決した医療過誤案件の解決事例です

人間ドックで肺がんを見落とされ、余命6ヶ月と宣告を受けた患者のクリニックに対する損害賠償金4630万円を獲得した事例

人間ドックで肺がんを見落とされ、余命6ヶ月と宣告を受けた患者のクリニックに対する損害賠償金4630万円を獲得した事例

事案の概要

 

相談者は、遅くとも平成14年以降、平成27年に至るまで、毎年度、相手方のクリニックにて人間ドックを受けてきましたが、平成27年に他の病院で受けた胸部X線検査において、ステージWの肺がんと診断され、余命6ヶ月であると宣告されました。そのため、相談者は、人間ドックにおける肺がんの見落としについて、相手方の責任を問いたいと思い、弊所にご相談くださいました。
なお、相談者は、後に肺がんにより亡くなられています。

 

弁護士の方針・対応

 

【交渉】

 

任意開示によって入手した医療記録を調査したところ、相手方に有責性があるとの判断に至りました。その後の方針としては、依頼者が余命6ヶ月との宣告を受けていたため、短期間での解決を目指し、訴訟を起こすのではなく、訴外での交渉を行うことにしました。

 

そして、遅くとも平成25年の胸部X線検査(当時の推定臨床病期はステージT)において、相手方の医師が、異常陰影を指摘するべき注意義務を履行していれば、依頼者の肺がんの病期がステージWにまで進行することはなかったと主張しました。そのうえで、債務不履行責任および不法行為責任(使用者責任)を追及し、損害賠償金の支払いを求めました。

 

結果

 

通常なら訴訟で初めて提出する証拠である「顕名意見書」を交渉の場で呈示したり、医療記録の開示請求に際し、難易度の高い「第三者に対する証拠保全の申立て」を行ったりする等、様々な策を講じた結果、初回相談から約2年で交渉での和解が成立し、損害賠償金4630万円を獲得することができました。

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る