当医療事業部に所属している弁護士が実際に解決した医療過誤案件の解決事例です

解決事例:泌尿器

解決事例:泌尿器記事一覧

事案の概要相談者(患者の遺族)は、患者が出血性ショックを生じ、1ヶ月ほど遷延してから多臓器不全により死亡したことを受けて、弊所にご相談くださいました。患者は、前立腺全摘出術後の腹壁瘢痕ヘルニアに対するPCOメッシュによる修復術を受けましたが、創感染を生じました。そこで、医師がデブリードマン・皮弁形成術を行ったところ、同術後に左浅下腹壁動脈からの出血により死亡した、という事案でした。弁護士の方針・対...

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る