当医療事業部に所属している弁護士が実際に解決した医療過誤案件の解決事例です

未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の際に母血管が穿孔され、患者が常時要介護状態に陥ったことについて、訴外交渉による和解で500万円を獲得した事例

未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の際に母血管が穿孔され、患者が常時要介護状態に陥ったことについて、訴外交渉による和解で500万円を獲得した事例

事案の概要

 

患者は、未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術を受けました。その術中に、医師が母血管を穿孔しましたが、緊急開頭術によって血腫を除去することなく、対症療法として、バルーンによる圧迫止血を行ったのみで手術を続行しました。コイル塞栓術は完遂されましたが、術後に再出血(くも膜下出血)を生じたため、開頭血腫除去術等が行われたものの、患者は常時要介護状態に陥ってしまいました。そのため、相談者(患者とそのご家族)は弊所にご相談くださいました。

 

弁護士の方針・対応

 

任意開示によって医療記録を入手し、これを基に調査した結果、有責との判断に至りました。しかし、診療経過において、担当医が悪い結果になったことを詫びた事実があり、依頼者も話し合いによって解決することを望んでいました。それらのことを考慮して、訴外交渉での和解を目指し、依頼者と相談したうえで、額の明示はせずに賠償を求めることにしました。
しかし、通知書を送付したところ、手技に問題はなかった旨の回答をされたため、その内容に反論しながら、緊急開頭術によって血腫を除去せず、緊急性のないコイル塞栓術を続行したこと等、具体的な問題点を指摘しました。

 

結果

 

通知書を送付してから1年3ヶ月の交渉の末、訴外交渉による和解により、500万円の賠償金を獲得することに成功しました。医師の手技上の過失を責める内容であるため、当初から交渉が難航することは予想していましたが、相手の書面に反論する際に、的確な内容であったことが奏功したと思います。

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る