患者さんのための医療講座

 
  医療事故弁護士法律相談センター    
 
 
  医療事故弁護士ブログネットワーク  
   
   医療事件の取り扱いについて
   専門医師のバックアップ体制
   ご相談から解決までの流れ
   料金システム
   よくあるご質問
   
   医療事故とは
   医療裁判の勝訴率
   紛争解決の方法や種類
   医療事故用語集
   
   
   
 
     
  感度と特異度  
     
 
1 はじめに

 皆さん、感度・特異度という言葉の意味、ちゃんと理解してますか?
 医学文献を読んでいると、頻繁に目にする言葉ですが、頭の中は混乱してませんか、大丈夫ですか?
 この言葉は、必ず理解してください。そして、正確に理解してください。

2 世界一分かりやすい、「感度、特異度」の覚え方

1)感度の良い検査とは、

 「癌の人を、正しく”癌である”と診断することができる」可能性が高い。

 逆に言えば、

 「癌の人を、誤って”癌ではない”と誤診してしまう」可能性(偽陰性率)が低い。

 検査を意味します。

2)特異度が良い検査とは、

 「癌ではない人を、正しく”癌ではない”と診断することができる」可能性が高い。

 逆に言えば、

 「癌ではない人を、誤って”癌である”と誤診してしまう」可能性(偽陽性率)が低い。

 検査を意味します。

3)整理すると、

 感度とは、如何にして、「病人を見つけ出すか」、という問題であり、

 特異度とは、如何にして、「健康な人を除外できるか」、という問題です。

3 議論の実益

 なぜ、感度、特異度をちゃんと理解する必要があるかというと、多くの検査では、この両者の間にtrade-offの
 関係が成り立つ傾向があるからです。

 すなわち、感度が良い検査は、特異度が悪く、

      特異度が良い検査は、感度が悪い。

      この両方が優れている検査は少ない。

 ということになります。厄介ですね。

 だから、様々な検査を行って総合的に診断することが重要になるんです。
 
         
       
  Copyright (C) ALG&Associates. All Rights Reserved.