医療事件(医療過誤・医療事故・医療ミス)専門の医療弁護士がご相談に応じます。

因果関係

因果関係記事一覧

弁護士・医学博士  金 ア 浩 之事案の概要 患児(当時3歳の男児)は、昭和30年9月6日、化膿性髄膜炎のため、東大医学部付属病院(小児科)に入院した。入院当初の患児の主訴は、高熱(40度3分)と痙攣発作で、髄液検査の所見では、髄液中の細胞数が著明に増大(5776/1o3。なお、正常値は、10/1o3以下)しており、また、前胸部には点状出血斑が認められ、毛細血管が脆弱で出血傾向が認められた。 そこ...

弁護士・医学博士  金 ア 浩 之事案の概要 肝臓の専門医は、肝硬変と診断された患者(当時53歳の男性)に対し、昭和58年11月から昭和61年7月までの間に、合計771回にも及ぶ診療行為を行ったが、肝細胞癌を診断するうえでの有効な検査を一度も実施しなかった。 ところが、患者は、急性腹症の疑いで昭和61年7月19日以降、他の病院において検査を受けることになり、そこで進行性の肝細胞癌が発見されたが、既...

弁護士・医学博士  金 ア 浩 之事案の概要 本件患者(当時56歳の男性)は、平成元年7月8日午前4時30分頃、突然の背部痛で目を覚まし、自動車で本件病院に向かった。そして、同日午前5時35分頃、本件医師による診察が始まった。触診や聴診では異常が認められず、本件患者の症状の発現部位や経過から、本件医師は、一次的に急性膵炎を、二次的に狭心症を疑い、鎮痛剤を筋肉注射するとともに急性膵炎の治療のための薬...

PC電話ロゴ PCメールロゴ
トップへ戻る