妊娠40週6日に子宮収縮薬(オキシトシン)投与下に帝王切開後経膣分娩試行を行っていたところ、児頭が−3のまま全く下降せず、かつ、反復継続的に徐脈を呈したが、緊急帝王切開が行われなかった結果、子宮破裂に至り、児が脳性麻痺となったことについて、1億5000万円の経済的利益を確保した事例

 

事案の概要

 

帝王切開による出産経験のある妊婦に対し、分娩誘発のために子宮収縮薬(オキシトシン)を投与したうえで、経膣分娩での分娩が試みられました(帝王切開後経膣分娩試行)。しかし、児頭が−3のまま下降することはありませんでした。また、反復継続的に胎児の心拍数が徐脈を呈しました。それにも拘らず、緊急帝王切開が行われずにいた結果、母体が子宮破裂に至り、子宮破裂後になされた緊急帝王切開で分娩された児は脳性麻痺となるに至りました。

 

弁護士の方針・対応

 

弁護士は、被告医院のカルテを入手し、多数の医師に意見を求めるなどして調査を行いました。調査段階において、投与された子宮収縮薬(オキシトシン)の副作用として子宮破裂が生じたとの見解が得られ、副作用被害救済給付の申請をしたところ、受給できることとなり、3000万円の経済的利益を確保することができました。しかし、調査段階では有責であるという顕名の意見書を入手することはできず、敗訴のリスクはありましたが、弁護士は訴訟提起に踏み切り、終結に至るまで177頁に及ぶ主張書面、50号証に及ぶ証拠を提出して主張・立証に努めました。

 

結果

 

大部にわたる主張書面、多数の証拠を提出して主張・立証に努め、訴訟上の和解により1億2000万円の経済的利益を確保したほか、調査過程で得られた見解をもとに副作用被害救済金の申請も行うことで、1億5000万という経済的利益を依頼者にもたらすことができました。

PC電話ロゴ PCメールロゴ